バンクーバーな僕ら

Navigation

小さな贈り物

父から子へ。

何気ない光景にもそこには目に見えない笑顔がありました。